あの頃、休みの日には捕虫網を持って出かけた。見とれていて取り逃がしたギフチョウ。
ドキドキして震えながらつかまえたオオムラサキ。今は、捕虫網のかわりにカメラを持って里山へ。

タイトル




2006/07/08

ナガサキアゲハ参上!!
3年ほど前に、伊那谷自然友の会副会長の伊原道夫さんが、ナガサキアゲハの翅を天龍村で見つけられた記事が新聞に載っていて、う~~~~んと思いました。
ところがですっ!。
昨年秋、知人の村沢さんから、このナガサキアゲハの蛹の写真を見せていただき、が~~~~~ん。
(@@)ひょえ~~~~!と感激し、いてもたってもいられなくなり、早速、村沢さんにおねだりして、蛹のある場所に案内をしていただきました。
それでそのとき撮った写真がこれでした。

これは、ナガサキアゲハの蛹で~~~~す。^^v 蛹
D70 TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
この時の記事は、こちらです。(2005年12月2日のBlog)

この時は、この蛹のことが、新聞等では紹介されていませんでしたので、私も保護する立場で、ナガサキアゲハの蛹であることは書きませんでした。

何しろ、この蝶が信州で見られるということは、奇跡のようなことなのです。

この蛹が孵れば、長野県に確かに自生している証になります。
しかし、残念ながら、この蛹はどうしたことか見当たらなくなってしまい、この蛹が無事孵ることを祈っていたのに実に残念です。

村沢さんは、鳥にやられちゃったかね~~~。
とおっしゃられていました。

もう、1ヶ月ほど前になってしまいましたが、村沢さんがこのナガサキアゲハの産卵の撮影に成功しました。
そのことが、朝日新聞や中日新聞に掲載されましたが、前述したように、秋に確認していた蛹の蝶ではないので、自生したものか、飛来したものか断定はできないようです。
ただ、伊那谷自然友の会副会長の伊原道夫さんがおしゃられていたように記憶していますが、蛹の抜け殻が発見されれば別です。

村沢さんにおねだりして、新聞に載らなかった写真をいただきました。
もちろん、Blogで紹介したいのでということでです。^^v
決して鮮明な画像ではありませんが、信州初の産卵写真なので、ものすご~~~~く貴重なものです。
ナガサキアゲハ
村沢さん撮影

私の里山に遊ぶ BBSにときどき写真や記事を投稿してくださっている九州の日々徒然のhibiさんに、ナガサキは普通の蝶ですって笑われそうですが、貴重ですよ~~~~。
私も、7月1日(土)に、ナガサキアゲハに会いに行ったのですが、会えませんでした。(ToT)
いつかきっとお行き会いしたいと思います。
村沢さん、ありがとうございました。m(__)m


話は、変わりますが、天龍村のナガサキアゲハのことを検索していたら、ときどきお世話になっている山の宿「加満屋」さんのBlog「むささびの独り言」にナガサキアゲハの記事が書いてあって、なんと、小さなお嬢様がすでにナガサキアゲハさんにお行き会いされているとのこと、びっくりしました~~。
この出会いは、彼女にとって一生の忘れられない貴重な思い出になることと思います。





ナガサキアゲハは、本州(近畿以南)、四国、九州、対馬、南西諸島に分布する、大型のアゲハチョウです。
温暖化にともなって、ここ近年分布を広げている模様です。
日本のアゲハチョウの仲間は、みな尾っぽがありますが、唯一この蝶だけ尾っぽがありません。
食草は、ミカン科の栽培種のようです。

no title
CLと棒さん、
こんにちは!いつもお世話になっております。^^
コメントをありがとうございました。ナガサキアゲハは、我が家の重要研究材料(笑)で、常に目を光らせては探しています。
つい最近も十久保で、羽の下が丸くなっている黒いアゲハを見たのですが、飛んで行ってしまったので確認できませんでした。柚子の木もたくさんありますし、もしかしたら十久保でも越冬してるのかな・・・なんて思ったりしていますが。
葡萄の産地が山梨から長野に北上してきたと聞きますし、ナガサキアゲハの件についても地球温暖化を肌で感じる今日この頃です。
2006/07/11(火) | URL | posted by むささび (trip@-) [ 編集]
no title
う~ん→が~ん→ひょえ~…の末に
ついに撮影出来て良かったですね。
絶滅しそうだったのでしょうか?
鳥さんと蝶の共存も、課題なのかも
知れないですね。
2006/07/11(火) | URL | posted by chichiの母 (trip@mSXWCe8Y) [ 編集]
no title
むささびさん、こんばんわ。
コメント、ありがとうございました。
あの辺りは、ナガサキに限らず、実に微妙な地区だと思います。
ぜひ、今後も重要研究材料として観察&監視の目を光らせてくださ~~~い。^^
そして、特にお嬢様の鋭い目と感性で、新発見があったら是非ご一報くださると嬉しいです。
2006/07/11(火) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
no title
chichiの母さん、こんばんわ。

私は、このナガサキアゲハの蛹しか撮ったことがないので、蝶を撮るのが、今後の課題なのです。^^
ちょっと勘違いされてしまわれたようですので、追加説明をします。
このチョウは、南方系の蝶で、九州方面には普通に飛んでいると思われます。
ということで、今のところ絶滅危惧種ではありませんが、長野県には、いまだ確実に自生しているという確認が取れていないため、(もしかしたら今年それが確認できるかどうかというところでした。)話題になっている蝶です。
ここ近年、長野県に自生しないと思われていた南方系の蝶が(ツマグロヒョウモンなど)温暖化にともなって、北上してきているのです。
このことは、微妙に生態系が変わってきている自然の姿なのだと思います。
分かりづらくてすみません。m(__)m

2006/07/11(火) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
no title
CLと棒さん、お久しぶりでーす。
TOKINA 124買っちゃいました。
この時期、天気がパッとしないので、まだあまり撮ってないっすけど。
かなりいい描写しますね! 気に入りました。
早く天気の良い日に撮りたいです。

うちの庭にも蝶がよく来ます。
でも一般的に言うよく見るアゲハチョウと、たまに羽に太い水色の線が入ってるヤツ(何アゲハでしたっけ?)しか来ません。
でも、たまーに夜に、巨大なオオミズアオが来ます(笑)
2006/07/12(水) | URL | posted by やっち (trip@uEhO1plY) [ 編集]
no title
やっちさん、こんばんわ。
こちらこそ、ご無沙汰しています。^^
TOKINA 124、ご購入おめでとうございます。
とりあえず、合格ラインのようで、ほっとしています。
で、仲間が増えて嬉しいですよ~~~。
最近のこのレンズで撮った写真は↓です。
http://satoyamaniasobu.blog28.fc2.com/blog-entry-227.html
このレンズでのもので、UPしてないものもありますので、近々UPしたらまたお知らせしますね。
やっちさんのお写真もたのしみにしていま~~~す。
2006/07/13(木) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
■ コメント投稿はこちらから
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


■ この記事のトラックバックURL

(→ FC2ブログユーザーによるトラックバックはこちらから