あの頃、休みの日には捕虫網を持って出かけた。見とれていて取り逃がしたギフチョウ。
ドキドキして震えながらつかまえたオオムラサキ。今は、捕虫網のかわりにカメラを持って里山へ。

タイトル




2011/06/13

汚れなき甲斐駒ヶ岳


甲斐駒ヶ岳



甲斐駒ヶ岳


甲斐駒ヶ岳


甲斐駒ヶ岳


甲斐駒ヶ岳


Camera:Nikon D90
Lens:ED AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8


伊那谷から駒ヶ岳というと、中央アルプスの西駒(木曽駒)、南駒、南アルプスの東駒(甲斐駒)の3つがあります。^^

3000mに少しとどきませんが、いずれも素晴らしい山です。(甲斐駒は2966m)

先日の記事に書きましたように、バスの運転手さんは、こんな風に甲斐駒が見えるところでバスを止めて、私の撮影タイムを確保してくれたのでした。^^v

運転手さんに感謝!


(微妙に仕上がりの色を変えてレタッチしています。^^;)


いや~~ 天気が良くて、おまけに運転手さんに協力していただいて、カメラマン冥利に尽きますね。
どれも素晴らしいショットですね。
以前一度だけ言ったことがあります。
2011/06/14(火) | URL | posted by Oさん (trip@-) [ 編集]
雄々しく存在感がありますね~。
登るのは大変そう^^
バスの運ちゃん、さすがにビューポイントを心得ていますね。
2011/06/14(火) | URL | posted by ころくま (trip@-) [ 編集]
甲斐駒の山肌、それぞれ良い色です。
最後の写真奥行間があり、とても良いですね。
2011/06/14(火) | URL | posted by yosikoma (trip@-) [ 編集]
残雪と新緑、写欲をが湧く被写体ですね。甲斐駒の雄大さも素晴らしいです。
2011/06/14(火) | URL | posted by yujima (trip@-) [ 編集]
CLと棒さん、こんばんは。
甲斐駒は山梨県側から見ると凛々しく、摩利支天の出っ張りが特徴的なので、好きですが、飯田側からの遠景も見事です。それにしても運転手さんの心遣いに感謝ですね♪
2011/06/14(火) | URL | posted by wakasama (trip@o9OIkpe.) [ 編集]
>Oさん
ありがとうございます。^^;

ホント、運転手さんの親切に感謝でした。
似たような、描写ばかりですみません。^^;
2011/06/18(土) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
>ころくまさん
こういった山に登頂するには、体がいうことをきかないかもしれません。orz

今年の夏は、もうちょっと楽な山へは登ってみたい気がします。
そろそろ、練習をしなければですが、天気と時間が・・・。
2011/06/18(土) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
>yosikomaさん
ありがとうございます。^^
手前に入れるものによって、雰囲気が変わりますね。^^
2011/06/18(土) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
>yujimaさん
ここへは、何度か足を運びたいものです。^^
2011/06/18(土) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
> wakasamaさん
甲斐駒は、それぞれ見るところによって表情が違い、魅力的な山ですね。^^
いろんな角度から撮りたい被写体です。^^

またこの運転手さんに会えるといいなと思います。^^
2011/06/18(土) | URL | posted by CLと棒 (trip@-) [ 編集]
■ コメント投稿はこちらから
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


■ この記事のトラックバックURL

(→ FC2ブログユーザーによるトラックバックはこちらから