あの頃、休みの日には捕虫網を持って出かけた。見とれていて取り逃がしたギフチョウ。
ドキドキして震えながらつかまえたオオムラサキ。今は、捕虫網のかわりにカメラを持って里山へ。

タイトル




2011年02月分
ページ下部へ▼
2011/02/26

Lakeside

諏訪湖
2011/02/20

Filmのデジタル化 その2(ネガFilm編)

前回は、ポジfilmについてコメントしましたが、今回は、ネガFilm編です。

ポジと大きく異なるのは、D90で撮った後、ソフトを使って階調の反転をしてから色補正を行ない仕上げるという点です。

ということで、以前のネガを使って、デジタル化したものを掲載します。^^;

まずは、以前掲載したモノトーンに仕上げた写真。

清里より

EPSON GT-F520でスキャン



清里より

D90でFilmを撮影


D90でFilmを撮影後、階調を反転させて色補正をし仕上げた写真。

清里より

いかがでしょうか。^^

ピント精度ばっちりで、シャープネスいらずです。

以上、FilmはCENTURIA 400です。



で、デジタルで普通に撮ったものはこちらです。↓

馬


とにかく、良い悪い、好みは置いておいて、雰囲気がかなり違いますから、実に面白いです。^^




2011/02/19

Filmのデジタル化について


標記の件につきましては、常日頃スキャナーEPSON GT-F520でフィルムスキャンを行なっています。^^

で、私が使っているスキャナーEPSON GT-F520のピント精度がどうもイマイチぴたっとこなくて・・・、っていうか、オオ~~~いいじゃんというときもあるのですが、・・・ようするに納得いくスキャンの歩留まりがあまり良くないのです。^^;

フィルム専用のスキャナーがほしいな~~~と思うのですが、とても高価だし、素晴らしいスキャンをするには何百万もするような業務用のものでないと難しいようです。

先日、キタムラカメラでフィルムのデータをCDにしてもらいました。

これも、やった~~と手放しで喜べるかというわけには、申し訳ないのですがいきません。


Filmのデジタル化については、デジカメで直接Filmを撮る方法も色々工夫されている方のHP等で拝見してはいたのですが、ライトボックスを利用されています。

ところがですね、ライトボックスを持っていません。(T_T)

ライトボックスも安価なものは1万円弱で手に入るのですが・・・^^;


そんなとき、アクリル板にポジfilmをクリップでとめて、後ろからフラッシュを炊いて工夫されている方の記事を見て、オオ~~~@@/!と思ったのです。^^v

スピードライトは、ワイヤレスで使えるので、これならいけます。^^

でも、もっと簡単なのは、スライド映写機(30年ぐらい前から使っているキャビンの一番安価なもの)で後ろから光りをあてればいいのですよ~~~。^^v

というわけで、早速新兵器導入した次第です。

それは、ホームセンターで購入したA5サイズぐらいのアクリル板(乳白色の2mm厚)です。

値段は、300円ちょっとしたので、こんなもんが300円を超えるというのは高いな~~と感じましたが・・。^^;

早速、クリップで、アクリル板にポジfilmを取付けて、両側からティッシュの箱とかで固定して立て掛け、後ろからスライド映写機で光りをあてます。

超簡単です。(爆)

RICOH R8でMACRO撮影をしてみると、なんだかばっちりの感じです。^^v

早速、三脚を立てD90にTamron SP AF90mm F/2.8 Di MACROを取付けました。

ライブビューでピントを拡大表示にして、マニュアルで微調整します。

このときに、老眼鏡は実に有効なアイテムです。(核爆)

絞りは、F11。

色温度もいろいろ変えて撮ります。

映写機の光りが、オレンジ色というか赤が強いので、今後、色温度の設定は工夫したいと思います。

ということで、EPSON GT-F520で読み込んだものより、かなり暖色系になっちゃいました。

まあ、これもありかとします。

が、イメージ的にはEPSON GT-F520の色目の方が好きなのです。^^;

ごちゃごちゃ書きましたが、簡単に言うと、ピント精度はバッチリです。

ちょっと決まりすぎて、なんだかな~~という気すらします。

何も、Filmで撮らなくっても、デジカメで最初から撮ればいいじゃんって気すらしちゃいます。^^;

アナログの味というのはEPSON GT-F520の方が出ているような気がしますが・・・・。

というわけで、過去のFilmのデジタル化を比べてみました。


明治村

EPSON GT-F520でスキャン



明治村より

D90でFilmを撮影

ピントがバッチリ合っているので、シャープネスをかける必要がまったくありません。^^v

あまりに色が違いますね。^^;


2011/02/12

雪の日に


雪の日に


雪の日に


Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO


静かに雪の降る中、ノクターンを聴きながら千曲ビューラインを走らせ、いつもの木の横でシャッターを切りました。

聴いていたノクターンは、山本貴志君の昨年夏の録音による、ショパン:ノクターン集です。

特に、ノクターン 第20番 嬰ハ短調 (遺作) は、こんな日に聴くといっそうしみじみしてしまいます。^^

是非、皆さんも聴いてみて下さ~~~い。^^


2011/02/11

冬景色~白樺湖・蓼科山~ Film編


白樺湖


Camera:Nikon F100
Lens:Nikkor 50mm F1.8D
Film:Kodak GOLD 100


この写真は、1月22日に撮ったものですが、リンクさせていただいているバロンパパさんのblog、

http://life-with-dog.com/blog/log/eid519.html

に、同じ日、この蓼科山に登られた写真がUPされていて、@。@/しました。

もしかしたら、時間がずれているかもしれませんが、この蓼科山のどこかにバロンパパさんがいらっしゃった可能性もあります。^^

以前、melさんも八千穂高原あたりですれ違っていたかもというときがあったりして、そのうち、ばったりなんてこともあるかもしれません。(笑)

2011/02/11

彼方へ

雪が降る前の風景


千曲川


RICOH R8




 HOME TOP