あの頃、休みの日には捕虫網を持って出かけた。見とれていて取り逃がしたギフチョウ。
ドキドキして震えながらつかまえたオオムラサキ。今は、捕虫網のかわりにカメラを持って里山へ。

タイトル




2006年12月分
ページ下部へ▼
2006/12/31

タム90とお散歩
クリスマス・イブの日に、運動不足解消にと散歩に出かけました。
タム90は、今更ながらですが、使う度にいいレンズだな~~~と思います。
っていいながら、たいしたものを撮っていないのでお恥ずかしいです。
お散歩より
D70 Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO (1/80sec f8)

お散歩より
D70 Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO (1/160sec f8)

2006/12/30

スッタモンダの年賀状!?
年賀状作りでスッタモンダシテイマスタ~~~ァ(^^);
先週裏面を印刷して、今週はいよいよ宛名を印刷しようとしたら、紙送りの不具合で、どうにもならず印刷不能となってしまいました~~。(ToT)

2代目のエプソンプリンターも、ときどきご機嫌を損ねていましたが、いままでなんとか修理に出すこともなく、持ちこたえていました。
今回は、修理に出している時間はありません~~~。
で、近くのヤ○ダへ飛んでいって、プリンターを購入しました。
予定外の出費です。(ToT)
今回はもちろん故障とは縁遠いキャノンです。

7色ということで、ワクワクしていました。^^/
早速、使えるように丁寧に準備を整え、宛名印刷を開始しました。
素早い印刷に、ホ~~~ォ^^さすがに最新兵器!と喜びました。
開始後、10枚ぐらいで、かすかに「シャカシャカ……」という音が加わったかと思うと、んんん~~~~?
はっ、はがきの真ん中あたりに擦れたインク汚れが~~~~ぁ????・\(・.*)/????

3~4枚擦れた汚れが付いた後、何事もなかったように、きれいな印字です。

いまのは、気のせい?
何かの間違い?

と思っていたのですが、またしばらくすると、同じ現象が出るではありませんか?

いままでのエプソンでは見たことのない症状です。

早速、よくある質問コーナーを調べましたよ~~。
で、はがきの凹凸の向きを確認したり、普通紙に印刷してみたりいろいろやりながら、とうとう200枚を超えてしまいました。
30~40%ぐらいが擦れています。
さすがに、冷や汗がだらだら出てきました。
まったく小心者です。

これは、めったにない初期不良と言うやつでしょうか?
とうとう、印刷したはがき、ノートPC、これから印刷するはがき、買ったばかりのプリンターを持って、ヤ○ダへ飛んでいきました。

で、店員のお兄さんの3人の前で実演と相成りました。
やっぱり擦れます。
ということで、機種交換、もしくはメーカー交換かという話になりました。(私は、決してお兄さんたちを責めてはいません。悲しい思いはつぶやいていたかもしれませんが……)

同じ機種の展示品でも試しましたがやっぱり擦れます。
どうやら、初期不良ということではなく、裏面に印刷した写真が乾いてはがきにソリがでているのですが、それが原因ということになりました。
あまりにも悲しすぎます。(ToT)
今後、このパターンのはがき印刷は、宛名が擦れたものを出さなくてはいけないのでしょうか?
家に帰って、霧吹きでもう一度しめらせて、ソリをのばしてしめっているうちに速攻で宛名印刷……う~~~ん、難しすぎます。(ToT)

そうこうしているうちに、お兄さんが「エプソンでも試してみましょう。」と言ってくれて、試してみることになりました。
同じように擦れる現象が出るのでしょうか?

\(・.・)/\(・.・)/\(・.・)/\(・.・)/
同じくらいの枚数で試してみましたが、何事もなく印刷されていきます。
擦れる気配すらありません。
う~~~ん。
ショックです。
3人のお兄さん方もショックと言っていました。

心優しいお兄さん方は、今後もう150枚ぐらいこのパターンの印刷をする私の心中を察して、エプソンに交換してくれました。(ToT)
と言うわけで、近くの量販店で購入するありがたさを痛切に感じた次第です。

エプソンの機種の方が700円ほど安かったため、返してくれると言うので、インクを一本購入して余分に少し払ってきました。^^;

エプソンで裏面を印刷したはがきでしたので、キャノンのプリンターがいやがったのに違いありません。

キャノンのプリンターで印刷したサンプル写真を素晴らしかったので、すごく楽しみでしたのに、ちょっと残念でした。

キャノンのプリンターが悪かったわけではないと思います。
エプソンで印刷したはがきのソリは、エプソンが責任を持つと言うことだったのでしょう。

エプソンで写真を印刷してみたところ、????
いままでのプリンターの色合いとかけ離れていて、がっかりでした。
新しいインクがあまりよくないのでしょうか?
色がくすんだ感じで、抜けがよくありませんでした。
赤が強いのでしょうか?
全体的に茶色がかった感じでした。
カコムのコメントにもに、同様に感じている方のコメントがありました。
しかし、そんなはずはない、何とかなるはずだ、と大掃除の合間に、色調節を悪戦苦闘し、20枚ぐらいで、まあこんなモンかなと言うところまでこぎ着けてホッとしています。

いままでのレタッチの成果がでてちょっと嬉しかったです。^^v

あっ!、ちょっと擦れた年賀状が届くかもしれない皆さん、と言うわけですので、大変申し訳ありませんがお許し下さい。
ゴメンナサイ。m(__)m


2006/12/25

飯田線の旅 ~車窓より~ パート2
「飯田線の旅 ~車窓より~」の続きです。
平岡駅より豊橋方面へ飯田線で向かったのは、何年ぶりなのか記憶にありません。
もしかした、中学校の時の修学旅行以来かもしれません。
そのくらい、乗ることが少ないのは確かです。^^;

とにかく、トンネルが多く、オッと思って、シャッターを切ろうとすると、トンネルに入ってしまいます。(ToT)

もちろん、旅の友はTokina AT-X 124。
これが、私の中では流行っています。^^/

飯田線
D70 Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4 (12mm 1/160sec f4)

小学校の時の修学旅行は、名古屋でした。
2006/12/24

お待ちしておりました~~。
シジュウカラ様に続きまして、モズ様のお嬢様ようこそです。^^/

モズ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/500sec f5.6)
2006/12/23

いらっしゃいませ、こんにちは。
「ようこそ!ジョウビタキ様ご夫妻」で掲載したように、我が家の庭のヒメシャラの梢に、今回はシジュウカラ様がお越し下さいました。

「ちょっと、よろしいでしょうか」
と声をかけたくなるような、魅力的なお背中をされています。
何かしら気品を感じるのですが気のせいでしょうか?

シジュウカラ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/500sec f5.6)
2006/12/22

お茶の花
久しぶりに、マクロって見ました。^^;

お茶の花
D70 Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO (1/800sec f8)
2006/12/21

Black and White
通勤途中で撮ったものをmonotoneにレタッチしてみました。

Black and White
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/30sec f5.6)


Black and White
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/30sec f4)

同じ写真のカラーはこちらです。↓
2006/12/20

八幡様の紅葉
八幡様の紅葉は、以前にもいくつか掲載しました。
今回は、今月初めに撮ったときのフィルム・スキャンです。
同じ紅葉をデジタルと比べて何が違うのか、どう違うのか比べてみようと思います。(みつなりさんに刺激されて…^^;)

八幡様の紅葉
Nikon F50 AF Nikkor 50mm F1.8D KONICA MINOLTA JX100 EPSON GT-F520
2006/12/19

飯田線の旅 ~車窓より~
鶏鳴か五暁かしらず
飯田線
D70 Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4 (12mm 1/15sec f4)
2006/12/18

海鳥
ユリカモメでしょうか。
カモメ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/1250sec f8)
2006/12/17

水族館
竹島水族館へ行きました。
水族館での撮影は、初めてでした。^^;
f1.4とか、f1.8の50mmを持って行かなかったのが悔やまれました。^^;

魚の名前は、まったく分かりません。(ToT)

水族館にて
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/40sec f4)
2006/12/16

高山植物
以前、ポジ・スキャンしたタテヤマウツボグサを掲載した折りに、新しく高山植物のカテゴリーを立ち上げたのですが、それっきりになっていました。^^;

ポジ・スキャンが続きますが、昔撮ったものを時々掲載していきたいと思います。

チングルマ
チングルマ
Nikon FM Ektachrome64(1980年代前半)EPSON GT-F520
雪渓によく似合っています。
この花のお花畑は、実に癒されます。^^;

2006/12/15

八方尾根の虹
以前、1980年代半ばの10月10日の夕方の写真を『八方尾根より白馬岳を望む』の記事で掲載しました。
その日の、午前中、登りできれいな虹が出ていました。

八方尾根の虹
Nikon FM Ektachrome64(1980年代半ば)EPSON GT-F520

このゲレンデは、八方尾根です。
オリンピックが行われたところです。^^/
この写真は、かれこれ、20年以上前のものですので、リフトやコースなどもオリンピックのためにリニューアルされていると思います。
2006/12/14

晩秋から初冬の樹木
ネガフィルムのスキャンがちょっと続いています。^^;
こちらは、昨日掲載した消費期限切れのフィルムではなく、新しく購入したフィルムです。

散歩中に撮ったご近所のサザンカです。

サザンカ
Nikon F50 AF Nikkor 50mm F1.8D KONICA MINOLTA JX100 EPSON GT-F520


2006/12/13

ネガ・スキャン その2
我が家の近くにある資材置場です。
以前、スキャナを新しくした頃、Sakiが小学生のときからカメラの中に入りっぱなしになっていたままのフィルム(3年以上は入りっぱなしになっていた)を撮りきったときのものです。

資材置場
Nikon F50 Nikkor24-120mm 1:3.5-5.6D FUJIFILM SUPER 400 EPSON GT-F520
2006/12/12

初冬 ~伊那谷の朝~ その2
天竜川の支流に、和知野川という川があります。
キャンプ場があったり、渓流釣りが楽しめたりします。
谷間で、特にこれといったビューポイントではありませんが、夏に川遊びをしながらまったりするにはよいかもしれません。
なお、この写真を撮っている橋には、ブッポウソウの巣箱をかけてあり、デジスコなんかもってこられると、野鳥撮影が楽しめると思います。

和知野川
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/25sec f11)

2006/12/11

ネガ・スキャン
先日、ネガフィルム:KONICA MINOLTA JX100で撮った写真を掲載しました。

今回は、1999年秋の写真で、ネガフィルム:FUJIFILM SUPER 400だったような気がします。
この頃、Sakiは小2で、彼女がチョウチョの写真を撮るためにNikon F50とSIGMA 70-300mm 1:4-5.6D DL Macro Superを購入しました。
それ以前は、Nikon FMやコンパクトフィルムカメラを使っていたのですが、FMのシャッターがいかれてしまったことと、子どもでもオートフォーカスなら撮れるだろうということで、妻を説得したわけです。
で、彼女がチョウチョを撮るには、どうしても手ぶれが生じるので、ISO400のフィルムばかりでした。
もちろん、できるだけぶれないように、レンズを支えてあげました。
小2の彼女にとっては、軽いズームレンズとカメラとはいえ、私がサンニッパを手持ちでチョウチョを追っかけるようなものだと思います。
はじめは、三脚を用意しましたが、セットしているうちに、チョウチョはどこかへ行ってしまいます。
で、その補強として、私がレンズを後ろから支えて、彼女がシャッターを切るという案配です。
ということで、メインページのSakiの写真は、すべて、彼女がシャッターを切ったものです。

あっ!、話が逸れてしまいました。^^;
2006/12/10

初冬 ~伊那谷の朝~
今年は、冬が遅いとはいえ、12月になると朝は-3度前後の日々が続きます。
職場へ通勤する途中で、日の出になりますが、特に霜の降りた朝は、思わず、車を止めてシャッターを切りたくなります。

初冬の伊那谷
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/80sec f11)

2006/12/09

ブロンズ像
飯田市松尾公民館(支所)に倉澤興世さんのブロンズ像があります。
倉澤興世さんは、私の実家のお隣に住まわれておられました。
私が幼い頃、よくアトリエに遊びにいった記憶があります。
「おじいさんの名前は何というの?」
と尋ねると、
「寝てばっかりいて、なかなか起きないので『おきよ』という名前なんだよ」
と言っていました。

本当は、『こうせい』で、はじめは『量世(かずよ)』でしたが、後に改名したようです。
作:倉澤興世
Nikon F50 AF Nikkor 50mm F1.8D KONICA MINOLTA JX100 EPSON GT-F520

飯田下伊那地方のあちこちに(天龍村にも)、お隣のおじいさんの作品があります。
特に、ご出身の泰阜村の北小学校には、校内に美術館があり、お隣のおじいさんの作品がたくさん収められています。


2006/12/08

紅葉三昧 その2 ~八幡様の巻~
近所の神社です。
今月の頭の写真ですが、例年より紅葉が遅れていて遅くまで楽しめました。
八幡様
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/100sec f4)PL

2006/12/07

斜光
斜光
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(220mm 1/200sec f5.3)
2006/12/06

美博の夕暮れ
美博の夕暮れ
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 2.5sec f4)

2006/12/05

初冬のメジロ
楓の木にメジロがいました。
うまく紅葉とからめて、タイトルをモミジロとしたかったのですが、そんなうまい具合にはいきませんでした。

メジロ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/500sec f5.6)
2006/12/04

雨上がり
雨上がり
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (70mm 1/125sec f8)

2006/12/03

晩秋の三日月
一週間ほど前の写真ですが、5時頃になると、すっかり陽が暮れちゃっています。
三日月
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (62mm 0.4sec f8)
2006/12/02

晩秋のカワセミ
みつなりさんのまねをして、モミカワを撮ろうと思いましたが、残念ながら、そういうポイントを見つけていません。
ということで、水面に映った紅葉を背景にねらってみました。
超望遠ではありませんので、小さいですが、運良くファインダーの中に収まったという点だけでUPしました。^^;

カワセミ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/500sec f6.3)
2006/12/01

11月の風越山
気持ちの良い風が吹いています。

風越山
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/80sec f11)+PL

風越山
D70 Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (28mm 1/125sec f11)+PL

風越山は、今までも結構撮っていました。^^;

飯田のシンボルのような山で、標高はそれほど高くないのですが、この里に住む人々から愛され、親しまれています。
過去に掲載したものですが、いろいろな風越山が見られますので、ついでに覗いてみてください。
「風越山と秋の空」
「光あれ!」
「風越山と飯田の空」
「風越山」
「柿と風越山」


 HOME TOP