あの頃、休みの日には捕虫網を持って出かけた。見とれていて取り逃がしたギフチョウ。
ドキドキして震えながらつかまえたオオムラサキ。今は、捕虫網のかわりにカメラを持って里山へ。

タイトル




シロチョウ科
ページ下部へ▼
2015/08/16

2015  COURTSHIP DANCE  モンキチョウの巻 



当blogで、時々登場するCOURTSHIP DANCEですが、これは求愛行動のことを言います。

蝶の飛翔写真では、飛び立つ瞬間とこのCOURTSHIP DANCEの時が比較的撮りやすいですね。^^

今回は、置きピンやMFではなく、オートフォーカスで撮りました。

一番旧式の24-120ですので、最新のものが欲しい今日この頃・・・・^^;



モンキチョウ






モンキチョウ




広角側で、風景を撮りこんで・・・・・

モンキチョウ


Camera:Nikon D700
Lens:Nikkor24-120mm 1:3.5-5.6D



2015/08/01

スジボソヤマキチョウ 2015


スジボソヤマキチョウ


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


私の図鑑には、子供のころヤマキチョウを採取した記録があるのだけれど、写真で撮るようになって、すべてスジボソヤマキチョウばかりです。

ヤマキチョウを撮れていないので、いつか撮りたいと思います。




2013/08/12

2013  COURTSHIP DANCE  スジボソヤマキチョウの巻  



スジボソヤマキチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
2013/07/06

ツマキチョウ ♀


ツマキチョウ♀


Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

2013/03/16

モンシロチョウ 飛翔



モンシロチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO



3月も半ばになり、暖かな日にはモンシロチョウが舞うようになりましたね。^^

今年は、まだ、蝶の写真は撮りに出かけていません。

ということで、この写真は、昨年秋のものです。



実は、私の中で、このLensで飛翔写真を撮るのがとても難易度が高いです。

たぶん、ピントはマニュアルで置きピンで撮っています。

天気のよくない夕方で、絞りは開放なので浅い被写界深度の中に収まったのは、まぐれですね。^^;





2012/09/28

スジグロシロチョウ 2012



スジグロシロチョウ






スジグロシロチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO


2012/08/14

南アルプスの住人 ミヤマシロチョウ 2012



ミヤマシロチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


エレガントな個体だと思います。^^v

このお方、なんでも氷河期の生き残りを象徴するような蝶だそうです。@@/

ご出身は、どうやら中国の西部だそうで、約150万年まえにこちらの方に移動されてきたようです。

そのまま、ここに住み着いちゃったんでしょうね。^^



2012/05/28

ありがとう・・・ クモマツマキチョウ様  Part2 GRD-Ⅲ編


というわけで、実に嬉しかったものですから、似たような写真ばかりですがUPします。^^;

前翅中央に黒点の紋があります。

この紋が、北アルプスのクモツキはは丸く、南アルプスのクモツキは三日月形をしているそうです。


で、間違いなく南アルプス産ということが分かりますね。^^v



クモマツマキチョウ




陽が翳ると翅を閉じ、じっとしていらっしゃいました。

クモマツマキチョウ






クモマツマキチョウ






クモマツマキチョウ






クモマツマキチョウ






クモマツマキチョウ






クモマツマキチョウ


RICOH GR DIGITALⅢ



1,3,4枚目はトリミングをしていますが、他はノートリミングです。

改めて、GRDのMACROに感謝です。^^



花にとまっているところも、GRD-Ⅲで撮りたかったのですが、どこへ姿を隠したのか、分からなくなってしまいました。

Film(ベルビア)でもとりたかったのですが・・・ぱたっと姿を隠されてしまいました。

なかなか良いシーンというわけにはいきませんでしたが、はじめてお行き会いでき大満足でした。

またの機会にということで・・・・。^^/





2012/05/27

ありがとう・・・ クモマツマキチョウ様
先日の金環日食、皆様のBlogで素晴らしいお写真を拝見させていただきました。^^

感謝です。


で、私はというと、日食が始まったところを28-75mmにテレコンをつけて撮り始めました。

いよいよ、金環日食というところで、80-200mmにテレコンをつけて、400mmというより、1.5倍なので600mmというわけで、ライブビューでバッチリピントも合わせて、素晴らしい金環日食に感動しながらShutterを切った次第です。

それなりに撮ったところで、見返してみると・・・・@@/

なんと、真っ暗で、あの感動的な金環日食が一枚も撮れていないではないですか~~~。orz




私は、自分が写真を撮る技術が全くないと打ちのめされたのでした~~~。(T.T)


ライブビューで見た600mm換算の素晴らしい金環日食と、日食眼鏡で見たものとを心のアルバムにしまったのでした。orz

ライブビューで見た画像と記録された画像の露出のずれがあったのでしょうか・・・・。

未熟でした。



写真歴、33年にして、最大級のミスをしてしまったようです。


今週は、立ち上がることすらできず、うちひしがれていました。


で、ゴールデンウィークにリュックを背負って1日山へ行っただけで、仕事漬けの5月でしたが、本日、今月2日目のリュックを背負うことができました。

天気も上々。

南アルプスも美しい!

で、生まれて一度も会ったことがない、クモマツマキチョウ様にお目にかかれたら・・・

そんなわけないよな~~~。


日頃の運動不足解消のためひたすら歩きましたよ~~。


すると、目の前を小さくて白くてオレンジ色をした蝶が横切って行くではありませんか~~~~。


金環日食のショックが、いっぺんに吹っ飛んでしましましたよ~~~~。  \(^o^)/


飛んでいるところへ向けて、ひたすら連写!

写るわけがありません。^^;

で、とまってくださるところを待ちました。


とりあえず、証拠写真。^^v


クモマツマキチョウ






クモマツマキチョウ


美しすぎます。(T_T)


感動の一時!

ありがとうございます。クモマツマキチョウ様!

クモマツマキチョウ






クモマツマキチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


私の前に姿を見せてくださったのは、1頭だけでした。


また、明日から頑張る勇気が湧いてきたのはいうまでもありません。

わっはは!


あっ、もちろんGRD-Ⅲでも撮らせていただきましたので、また、UPします。




追記

このときに、吸蜜していた花の名前が分からなかったのですが、いろいろ調べていくうちに、どうやらミヤマカタバミということが分かりました。^^v
2011/08/30

キチョウ 2011


里山に行くと、キチョウがたくさんいます。

その中にツマグロキチョウはいないかな、といつもよく見るのですが、まったくいません。

いったいどこへ行ってしまったのでしょう。

子どもの頃に会ったきりで、40年以上ご無沙汰していると思います。


↓は、どこでも見られるキチョウです。

キチョウ


とまっているときはこうして翅を閉じているので、翅の表はなかなか撮れません。

飛んでいるところを撮れば、翅の表は見ることができます。

ということで、飛んでいるところです。

もうちょっとかっこいいところを撮ってあげたいのですが・・・^^;。


まだまだ修行が足りません。^^;

キチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
2011/08/22

下栗に舞うモンキチョウ


下栗に舞うモンキチョウ


下栗に舞うモンキチョウ


下栗に舞うモンキチョウ


下栗にて


Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO



日本のチロルと呼ばれる下栗の里。

いつものビューポイントの一つですが、この日は天気があまりよくなくて、聖岳が雲に隠れてしまっていました。orz

モンキチョウと聖岳の図にはなりませんでした・・・^^;





2011/08/14

南アルプスの住人 ミヤマシロチョウ 2011

ミヤマシロチョウ


ミヤマシロチョウ


ミヤマシロチョウ

Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

ミヤマシロチョウ


ミヤマシロチョウ


RICOH GR DIGITALⅢ







2011/07/28

メルヘンチックなモンキチョウ 2011 飛翔編


モンキチョウ


モンキチョウ


モンキチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:ED AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8


普通のモンキチョウですが、これがもしやミヤマモンキだったら・・・なんてかすかな期待をして、シャッターを切ってます。

ミヤマモンキは、南アルプス山麓には、生息してないようですので。^^;

これはこれで、美しいです。
2010/11/12

モンシロチョウ 2010



モンシロチョウ


RICOH R8


たくさんのモンシロチョウがお食事をされていました。^^


たぶん、写っている3倍はいらっしゃったと思います。^^


そろそろ、今年の紅葉を掲載しようと思いながら、忘れた頃の写真ですみません。m(__)m



2010/07/17

ミヤマモンキチョウ  COURTSHIP DANCE


憧れのミヤマモンキチョウにはじめて会うことができました。^^v

こちらは、浅間山山系なのでアサマモンキチョウと呼ばれたりします。^^


普通のモンキチョウもかなり標高が高いところまでいらっしゃるので、シャッターを切っては「な~~んだ^^;」というのが今まででした。

今回は、初めての撮影にもかかわらず、COURTSHIP DANCEじゃないですか! わお~~~@@/

・・・で、この感動はどう表現したらいいのかわかりません。^^;

ミヤマモンキチョウ


ミヤマモンキチョウ
2010/06/27

ヤマトスジグロシロチョウ
スジグロシロチョウかヤマトスジグロシロチョウ(エゾスジグロシロチョウ)か、この辺の同定はよくわからないので、今まですべてスジグロシロチョウとしてきました。

ヤマトスジグロシロチョウの肩脈は短く先端がにぶく不明瞭ですが、スジグロシロチョウでは、より長く外方へのび、先端は鋭くとがりより明瞭だそうです。

ということで、以下の蝶をヤマトスジグロシロチョウと同定しましたが、いかがでしょうか?^^;


ヤマトスジグロシロチョウ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


2009/10/10

スジグロシロチョウ

ほとんどの皆様から、普通にモンシロチョウと呼ばれているスジグロシロチョウです。^^

モンシロチョウと呼んでいる蝶の8割ぐらいがスジグロシロチョウのような気がしますが、統計をとったわけではないのでいい加減です。^^;

スジグロシロチョウ


スジグロシロチョウ


スジグロシロチョウ

Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO


そうそう、D90はD70より飛んでいるところを撮りやすくなりました。^^v
でも、ぶれてますね。^^;
↑の2枚目はSS1/500、3枚目は1/800です。
飛んでいるところは、1/1000よりはやいシャッタースピードで撮らなければですね。



2009/08/10

中佐都に夏がやってきた!

青空が、さっぱりですが、それでもわずかな晴れ間、モンキチョウがCOURTSHIP DANCE(求愛ダンス)を見せてくれました。

モンキチョウ
2009/05/03

Spring ephemeral 2009 ツマキチョウ

ツマキチョウ


Camera:Nikon D70
Lens:ED AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8
2008/10/25

ラベンダー畑のモンキチョウ

どこにでもいるモンキチョウですが、ラベンダー畑で見るとなかなかフォトジェニックではありませんか~~。^^V



モンキチョウ


モンキチョウ

Camera:Nikon D70
Lens:Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO


我が家の庭にもラベンダーがあるのですが、夏の終わりには花が咲き終わっています。
この写真は9月末のものです。こんな時期まで咲いているなんて~~とちょっと不思議に思いながらシャッターを切りました。



2008/08/13

モンキチョウ
今だ一度もであったことのない、ミヤマモンキチョウに会いたくて浅間山麓へ出かけるのですが、なかなか姿を見せてくれません。(T_T)  

ということで、普通のモンキチョウです。

モンキチョウ
2008/04/29

Spring ephemeral 2008 ツマキチョウ
ツマキチョウは、なかなか落ち着いてとまってくれないため、とても撮りにくい蝶ではないかと思います。
それでも、こうやって毎年、春の日溜まりでモデルになってくれるのはありがたいことです。^^

はじめから4枚が♀の写真です。

ツマキチョウ♀
2008/03/20

スジボソヤマキチョウの産卵
一週間前は、日陰にまだ雪が残っていたのですが、3月の半ばも過ぎると、里山も一気に春めいてきました。

里山へ行くと、越冬種の蝶たちが出迎えてくれます。
ルリタテハやテングチョウが多いのですが、今回は先週末、越冬したスジボソヤマキチョウが産卵するところをご披露してくれたので、掲載してみます。

スジボソヤマキチョウ



食草は、クロウメモドキだそうです。
2007/11/09

モンシロチョウの飛翔

モンシロチョウ


昨日のLens、ED AF NIKKOR 80-200mmの続きで恐縮なのですが・・・・
2007/09/26

そば畑のモンキチョウ

そば畑にいった日、キアゲハやモンシロチョウの他に、モンキチョウもいました。

モンキチョウ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/1000sec f5.6)

モンキチョウ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/1000sec f5.6)
2007/09/19

そば畑のモンシロチョウ
 
そば畑シリーズです。^^

モンシロチョウもそば畑を飛び回っていました。

何枚か撮りましたが、おおお~~~っていうほどぴたっとピンがきた描写はありませんでしたが、せっかくですので、掲載してみます。^^

飛翔写真で、切れ味のいいものはなかなか撮れません。(ToT)
まだまだ、修行が足りません。^^;
モンシロチョウ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/500sec f8)

2007/09/05

スジボソヤマキチョウ 2007
このスジボソヤマキチョウは、昨年COURTSHIP DANCE(求愛ダンス)の写真を掲載しました。

今年は、そういうシーンに出合えませんでしたので、普通にヨツバヒヨドリで吸蜜をしているところです。

そうそう、昨年度も書きましたが、英語で蝶のことをButterflyといいます。
イギリスの博物学者が、この蝶の仲間のヤマキチョウ(見た目そっくりです。)をみて、バター色の昆虫と呼んだことから由来しているということを、どれかの図鑑に書いてあった記憶があります。

スジボソヤマキチョウ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(300mm 1/640sec f7.1)
2007/08/10

幻のミヤマシロチョウ 2007

1年ぶりに、幻のミヤマシロチョウ様に会いに行ってきました。^^v
今年もいらっしゃるか心配しましたが、その美しく優雅なお姿を見ることができました。

ミヤマシロチョウ
D70 SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(200mm 1/80sec f7.1)
2007/07/16

透過光

スジグロシロチョウは、ほとんどモンシロチョウと同じように普通に見られる蝶ですが、こうして光で翅が透けると実に美しいものです。^^

スジグロシロチョウ
D70 Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO (1/3200sec f4)

2007/06/23

モンシロチョウの滑空
モンシロチョウ
D70 ED AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8 (200mm 1/500sec f4)

飛びものですが、そこそこの構図になっていて、ちょっと嬉しかったです。
ということで、めずらしくノートリミングです。^^v

花は、ムシトリナデシコという花です。
以前にも書きましたが、茎の途中の節から、粘液が出ているそうで、この粘液に虫が捕まることがあることからムシトリナデシコの名がついたそうです。