あの頃、休みの日には捕虫網を持って出かけた。見とれていて取り逃がしたギフチョウ。
ドキドキして震えながらつかまえたオオムラサキ。今は、捕虫網のかわりにカメラを持って里山へ。

タイトル




シジミチョウ科
ページ下部へ▼
2015/07/13

ジョウザンミドリシジミ 2015  GRDⅢ編




ジョウザンミドリシジミ


RICOH GR DIGITALⅢ

これは、GRのお得意の描写ですね。






2015/07/12

ジョウザンミドリシジミ 2015

南アルプス山麓にも『ゼフィルスの森』と呼ぶにふさわしいポイントがいくつもあると思います。

昨年は、いけなかった南アルプス山麓のポイントへ、今年初の撮影に出かけることができました。

梅雨の晴れ間に、卍飛行をするジョウザンミドリシジミは、光を浴びてキラキラと輝く、まさに空飛ぶ宝石です。

ゼフィルスの仲間に出会えると、ワクワクします。



ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ

透過光で見ると、ブルーの光沢があることは、全く想像ができません。





ジョウザンミドリシジミ

比較的低い位置で飛んでくれたので、かろうじてブルーの光沢が撮れました。




ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ

見上げて撮っていますが、こちらは残念ながら、光沢がきちんと撮れているものはありませんでした。orz




ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ







ジョウザンミドリシジミ

花にとまっているジョウザンミドリシジミをはじめてみました。

アングルはよくありませんが、証拠写真ということで・・・・^^;


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



安価なSIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACROを使いました。

当たり前ですが、このレンズをつけたD90よりD700のほうが、ピント制度が高いように感じます。^^;

飛翔写真も、300㎜で撮っていますが、D90より、ファインダーの中に入りやすいです。

これも、フルサイズゆえ当たり前ですが・・・・。

こういった、飛翔写真はマニュアルフォーカスで、今まで撮っていたため、つい癖でマニュアルです。

ちなみに、ゼフィルスの卍飛行の場合は、置きピンではなく、マニュアルでピントを合わせながらシャッターを切っています。

もう少し、ホバリングのように飛んでくれるといいのですが・・・・。

機会があれば、どのくらい蝶の飛翔にオートフォーカスが追いつくのか、試してみたいと思いました。








2015/07/04

ベニシジミ 2015 



ベニシジミ


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


身の回りにいる可愛らしいベニシジミです。

ツバメシジミやヤマトシジミ同様、一番モデルになってくれる蝶です。

コンデジで、1cmに近づいても撮らせていただけます。







2015/07/02

ルリシジミ 2015



ルリシジミ






ルリシジミ


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



シジミチョウ科の中でも、ツバメシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミは身の回りにいるシジミチョウですが、このルリシジミも比較的目にすることができるシジミチョウです。

新鮮な個体でしたので、翅の表は実に美しい瑠璃色をしています。

2枚目は、ISO5000ですが、こうして撮れるのがありがたいです。^^




2015/06/29

トラフシジミ 夏型 2015



トラフシジミ


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



2015/06/19

Zephyrusの季節 2015 ウラゴマダラシジミ 


ウラゴマダラシジミ






ウラゴマダラシジミ






ウラゴマダラシジミ


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


このお方はいつも、薄暗く足場が悪いところにとまられるので、撮るのに苦労します。

一脚を車のトランクに入れたまま、行動していたので、ぶれないようにSSを上げています。

ということで、こちらの画像も、ISO6400でかなりトリミングをしています。

D70のころには、絶対撮れなかったレベルです。^^;





2015/06/16

Zephyrusの季節 2015 アカシジミ 


アカシジミ






アカシジミ


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



結構高いところにいらっしゃって、下には降りてきてくれませんでした。

ということで、シャッタースピードもかなりあげていたことと、天気もいまいちで、ISO6400です。

しかも、トリミングして拡大していますので、さすがにD700とはいえ、画像があれています。

っていうより、この状況下で撮れていることが驚きかもしれません。





2015/05/29

Spring ephemeral 2015 コツバメ


コツバメ


Camera:Nikon D700
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



4月、ギフチョウに会いに行った時の写真です。^^

コツバメは、地域によっては絶滅危惧種に指定されているところもあるようですが、南信のギフチョウの棲む里山では、いつも行き会うことができます。

当blogのタイトルの写真、このミツバツツジで吸蜜をされています。

残念ながら、タイミングが悪く、ギフチョウの吸蜜は撮れませんでした。orz



2015/05/10

ベニシジミ  2015



ベニシジミ



RICOH GR DIGITALⅢ



空を見上げている目が可愛らしいですね。^^












2015/05/09

ツバメシジミ ♀


ツバメシジミ ♀






ツバメシジミ ♀


RICOH GR DIGITALⅢ

シロツメクサが食草なので、原っぱで冬以外はどこでも見ることができるおなじみのシジミチョウです。


コンパクトカメラでも、十分撮ることができる蝶です。^^













2014/09/01

ヤマトシジミ 2014 ~恋愛慕情編~

少し時間がたってしまいました。



ヤマトシジミ


SONY Cyber-shot DSC-RX100


7月半ばの写真ですが、早いものでもうSeptemberになってしまいました。




2014/07/12

Zephyrusの季節 2014 アカシジミ

ジョウザンミドリシジミを撮っていたら、近くにアカシジミが舞ってきてとまりました。^^


とりあえず、証拠写真を撮ってからGRDⅢで撮りはじめたところ、どこかへ行かれてしまいました。(TT)

というわけで、ISO3200をトリミングしてますので画像が荒れていますがご容赦ください。^^;



アカシジミ






アカシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


子どものころ、近所の里山でウラナミアカシジミも採ったのですが、それ以来お目にかかっていません。

たま~~~に、アカシジミにお行き会いするぐらいです。

そうそう、ツマグロキチョウとかヒメシロチョウも何十年と会っていません。

どこへ行かれてしまったのでしょうか?



2014/07/12

Zephyrusの季節 2014 ジョウザンミドリシジミ ♂

毎年、南アルプスの蝶を撮らせていただいているのですが、今年はまだ時間がつくれず撮りに行けていません。(TT)

そこで、職場の近くですが、あそこにはゼフの仲間がきっといるに違いないと思って様子を見に行きました。

見かけた個体数は少なかったのですが、高い梢から地面に降りてきてくれてモデルになってくれました。

ジョウザンミドリシジミでした。^^

意外と標高の低いところにもいるんですね。





ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ


RICOH GR DIGITALⅢ

GRDⅢで撮っていたのですが、なかなか翅を広げてコバルトブルーを見せてくれません。

あきらめていたところ・・・・

2枚目の個体が、一瞬ちらっと翅を開いてくれました。

翅が傷んでいるのですが・・・・


ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


南アルプスまで出かけていかなくても、会うことができました。

めでたし、めでたし。






2013/10/04

高原のアサマシジミ  2013



アサマシジミ


SONY Cyber-shot RX100


ミヤマシジミかな~~、ヒメシジミかな~~???と思っていたのですが、どうもアサマシジミではないかと思います。

高原ですので、アサマシジミがいても不思議はないエリアです。^^





2013/09/16

Zephyrusの季節 2013 ジョウザンミドリシジミ ♂
先日、「南アルプスの蝶たち」の動画の中に1、3枚目は掲載しましたので、再掲になります。

1枚目はJPGで、ノーレタッチですが若干のトリミングをしています。

2枚目は、ハイキーになりすぎていましたが、RAWでも撮ってありましたので、現像で救出しています。^^;

で、ノートリミングです。

3枚目は、JPGで若干トーンカーブをいじっています。ノートリミングです。


ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ






ジョウザンミドリシジミ



RICOH GR DIGITALⅢ


2,3枚目のノートリは、GRDⅢならではの描写ですね。^^v

1cmまで寄れる強みです。

といっても、被写体の蝶が大人しく撮らせてくれるのが前提ですが・・・・^^;


この光沢に魅せられてしまうんですよね・・・おぢさんたちは(笑)











2013/08/24

ミヤマシジミ 2013


ミヤマシジミ






ミヤマシジミ






ミヤマシジミ





ミヤマシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO




1枚目が♂で2,3,4枚目が♀です。


ミヤマシジミなのか、ヒメシジミなのか実に悩みました。

なかなか同定が難しい種類です。^^;


2013/07/19

ツバメシジミ 2013 ~恋愛慕情編~



ツバメシジミ






ツバメシジミ






ツバメシジミ


RX100




2013/07/14

オオミドリシジミ ♀


悩みに悩みぬいて、オオミドリシジミ♀ と同定してみました。

いかがでしょうか?


オオミドリシジミ ♀






オオミドリシジミ ♀






オオミドリシジミ ♀


RX100




はじめ、オオミドリシジミの♀と思ったのですが、だんだん、エゾミドリシジミの♀?とも思えてきて、迷いました。^^;

どちらにしても、まだ会ったことがなかったので、実にうれしいです。^^v

とりあえずは、オオミドリシジミ♀と決めました。


少し翅が傷んでいました。

いつもの南アルプス山麓なのですが、5月6月と出かけられなかったので、今年初のお出かけでした。

残念なことに雨がぱらつく天気で、ちらっと薄日が差すわずかな時間しか舞ってくれませんでした。


もう少し近いところで、ゼフのポイントを見つけたいものです。















2012/10/12

ウラギンシジミ♂ 2012



ウラギンシジミ♂






ウラギンシジミ♂


RICOH GR DIGITALⅢ


一頭が舞うと、一斉に舞いだして縄張り争いを始めます。

♂ばかりでしたが、まさに乱舞していました。

ミドリシジミの行動に似ているな~~と思いました。


ちなみに、この写真は、GRDⅢのマクロ撮影です。

設定が1:1になったままでしたが、通りすがりで落ち着いて、あれこれと設定を変える余裕もなくShutterを切っています。

ということで、2枚ともノートリーミングです。

特に、2枚目はLensの前2cm位でしょうか。

つぶらな瞳がたまりません。^^;

シジミチョウやセセリチョウはUPで見ると実に愛らしいです。

こんな顔をしていて、結構、肉食系男子なのですよ~~~。(笑)

ということで、以前、チキンを食されていた図はこちらです。↓

http://satoyamaniasobu.blog28.fc2.com/blog-entry-286.html

6年前の↑の写真のように美しい、翅のオレンジ色をじっくり撮りたかったのですが、このときは用があったため、全然時間が無く、またいつかのお楽しみということにしておきました。^^;





2012/09/17

ヒメシジミ♀


ヒメシジミ♀






ヒメシジミ♀


RICOH GR DIGITALⅢ


ヒメシジミは、以前、♂の美しい写真を掲載してありました。↓

http://satoyamaniasobu.blog28.fc2.com/blog-entry-1161.html


メスは、オスのような空色ではなく、地味な茶色をしています。

さらに、この個体は相当翅も痛んでいて鱗粉もとれて気の毒な様子でした。

なかなかお行き会いできないのか、当blogでヒメシジミの♀は初登場です。^^;



2012/08/16

ルリシジミ 2012


いそうでなかなかいない、ルリシジミ。

ルリシジミ






ルリシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


↑の写真は、同じ個体なのですが、順光か逆効果で色がずいぶんと違いますね。^^

背景が、暗部の位置にとまってくれました。





2012/08/12

ゴイシシジミ参上! 

当blog初登場です。^。^/



ゴイシシジミ





ゴイシシジミ






ゴイシシジミ






ゴイシシジミ






ゴイシシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:ED AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8



子どもの頃、採集しましたが、それ以来ですので実に40年以上会っていませんでした。

ということで、実に分布が局部的ですね。

あらためて、図鑑で調べてみると、ゴイシシジミの幼虫は完全な肉食性だそうです。@@/

そして、日本の全種の蝶の中で唯一この蝶のだけ、ササコナフキツノアブラムシなどのアブラムシのみを食べるそうです。


樹林帯の中にササ群生しているのですが、ある一部分にだけ、多くのゴイシシジミが乱舞していました。

別のササの群生するところにはいませんでした。

このアブラムシがいないところには、この蝶はいないと言うことですね。

てっきり、ササ等が食草かな?と思っていましたが間違いでした。

写真の4,5枚目の「葉裏の虫は何かな?」と思っていたところ上記の理由だとわかり、「なるほど~~。」と思いました。

成虫も、ストローでアブラムシの体液を吸うようなので、お食事中というところでしょうか。

私は、蚊に体液を吸われています。(爆)


可愛い顔をして、このつぶらな瞳で、肉食蝶とは・・・・@@/







2012/08/02

Zephyrusの季節 2012  ジョウザンミドリシジミ 


これらの写真を掲載するにあたり、ものすごく時間がかかっています。^^;

というのも、Zephyrusの同定がめちゃくちゃ難しいからです。

様々な見分け方があるのですが・・・う~~~ん・・・とうなってばかりいます。

近いところで、エゾミドリシジミ、メスアカミドリシジミ、アイノミドリシジミ・・・・

という候補の中から、結局、消去法でいくと今のところジョウザンミドリシジミと思われます。



ジョウザンミドリシジミ


翅の表の輝きがブルー系なので、アイノミドリシジミではないと思われます。



ジョウザンミドリシジミ


活発に飛び回っているのが午前中なので、エゾミドリシジミではないと思われます。



ジョウザンミドリシジミ



近くにヤマザクラの仲間は見あたらなかったので、メスアカミドリシジミではないと思われます。


ジョウザンミドリシジミ



というわけで、翅裏の模様からもジョウザンミドリシジミが一番可能性が高いと思われます。^^;


ジョウザンミドリシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


ミズナラでしょうか、風のせいなのか倒れていました。

ということで、高い梢で♂が縄張り争いをするのですが、目の高さぐらいで十数頭が卍飛翔をされていました。@@/です。

目の前で、NHKの自然のアルバムを見ているような素晴らしさです。


ただ、通りすがりでしたので、腰を据えて飛翔写真を撮る時間がありませんでした。(TT)

いつもの通り、マニュアルで数枚狙ったのですが、そこそこにピンがきて、お見せするようなレベルのものはありませんでした。

残念。orz



また来年は、7月の半ばにこれるとイイナ~~~。







2012/05/19

春の光を浴びて  ・・・芝桜のベニシジミ



ベニシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:Tamron SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO



2011/10/03

赤蕎麦畑のベニシジミ


このところ、Tokyoのスナップを掲載していたので、「里山に遊ぶ」というタイトルとはかけ離れていました。^^;

ということで、先月の在庫からベニシジミを掲載します。


ベニシジミ


ベニシジミ


ベニシジミ


RICOH GR DIGITALⅢ


2枚目は、半逆光で縁取りの白いところを光らせてみました。

背景の暗部に何とか収まってくれたので、まずまず、いい感じかなと思いました。^^v


身近なチョウですが、何度撮っても可愛いな~~と思います。




2011/08/19

ベニシジミ 2011

ベニシジミ


ベニシジミ


RICOH GR DIGITALⅢ




2011/07/23

ジョウザンミドリシジミ GRD-Ⅲのハイキー編


ジョウザンミドリシジミ


RICOH GR DIGITALⅢ


ハイキー編って単なる露出設定ミスでした~~~。(T_T)


せっかくのチャンスを~~~。


悔しいです。orz


2011/07/19

Zephyrusの季節 2011 飛翔編

Zephyrusの飛翔


Zephyrusの飛翔


Zephyrusの飛翔


Zephyrusの飛翔


Camera:Nikon D90
Lens:ED AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8


ビシッと空飛ぶ宝石の輝きを撮ったつもりでしたが、残念ながら、緑や青に輝く写真は、ピンぼけでした~~~(T_T)

で、写っているのは大半はジョウザンミドリシジミではないかと思います。中には、アイノミドリシジミも写っているかもしれませんが、このレベルでは同定は難しいです。

もしかしたら、エゾミドリシジミも写っているかもしれませんが、色々調べてみるとエゾミドリシジミは夕方の方が多く飛ぶようです。

あっ、これは♂が縄張り争いをしているところで、仲良くしているのではなく、バトルです。^^;

こういったシーンをゼフの卍飛行とか巴飛行などと呼ばれています。^^



2011/07/18

Zephyrusの季節 2011 ジョウザンミドリシジミ ♂
アイノミドリシジミに続いて、ジョウザンミドリシジミをUPします。^^


ジョウザンミドリシジミ


ジョウザンミドリシジミ
2011/07/17

Zephyrusの季節 2011 アイノミドリシジミ ♂♀
アイノミドリシジミ ♂


アイノミドリシジミ ♂


♀です。

アイノミドリシジミ ♀


♂の翅裏。

アイノミドリシジミ


Camera:Nikon D90
Lens:ED AF NIKKOR 80-200mm 1:2.8


アイノミドリシジミは、2度目の登場です。^^

前回は、翅の裏しかとれません撮れませんでしたが、今回はバッチリ翅の表のメタリックグリーンを撮ることができました。^^v

光り輝く翅がすてきなことはいうまでもありませんが、大自然の中で、じっとこちらを見ているつぶらな瞳がたまりません。

2枚目は、私に話しかけているような表情に感じます。(爆)


しかも、はじめて♀(AB型)の写真を撮ることができました。

翅の表に少しオレンジ色があり、ブルーの光沢も見てとれます。(この個体はAB型のようです。翅の表の模様がですが、A型、B型、AB型、O型とあるそうで、アイノミドリシジミの♀には、A、AB、Oの3型が現れるそうです。人間の血液型をまねてつけているようです。実に奥が深い・・・^^;)

メスは、以前掲載したヒサマツミドリシジミに少し似ています。


高い梢を元気よく飛び回っているのはほとんど♂で♀は林の中に普段は隠れていると思われます。

ということで、今まで自然の中で撮ったことがありませんでしたが、実にラッキーでした。

シャッターも一回切っただけで姿を消してしまいました。(かろうじて撮れていました。)^^v


前回撮った翅の裏は↓です。

http://satoyamaniasobu.blog28.fc2.com/blog-entry-873.html